職業人が備えたい知識

私たちが暮らす社会にはさまざまな職業が存在します。そして多くの職業に関する資格が存在し、さまざまな試験が催されています。

ITに関する資格試験も国家資格から民間資格までさまざまなものがあります。その中にITパスポート試験というものがあります。この試験は、すべての社会人が備えておいてほしい情報技術の基礎知識を受験者に習得していただくことを目的としていますので、技術系の社会人、理系の学生だけでなく、事務系の社会人や文系の学生なども対象としています。

私たちの社会は今やITなしでは考えられなくなっていますのでこのITパスポート試験は誰もがIT技術を理解するための入門編として受験することができます。試験に合格しますと、職業人として備えておくべき情報技術に関する共通的な基礎知識を習得したとして国が証明します。

試験の内容は、165分間で100問の問題が出題され、すべて多肢選択式(四肢択一)の問題で、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系、テクノロジ系(IT技術)の3つの分野から幅広く出題されます。ストラテジ系では財務、法務、経営戦略といった経営全般に関する基本的な考え方や特徴といった問題が出題されます。マネジメント系ではシステム開発やプロジェクトマネジメントなど、IT管理に関する基本的な考え方や特徴などの問題が出題されます。テクノロジ系はネットワークセキュリティ、データベースなどIT技術に関する基本的な考え方や特徴について出題されます。パスポート試験は情報処理技術者試験の初級レベル(レベル1)に位置づけられています。