希望に満ち溢れる未来を信じて

日本の未来は明るいと感じる瞬間は、ITの力が様々な方面で活かされていることを察したときではないでしょうか。

未来に希望を持っているから今を頑張れるとおっしゃる方がいるでしょうし、自分の能力がIT社会に活かされていることを実感したときに、未来を見据える先見力を研ぎ澄ませようとすることが窺えるのです。未来に好奇心を持つことで、常にワクワクした気持ちを抱きながら仕事をすることができると思っている方がいることでしょう。

心を掻き立てていくポジティブ思考を持つことで、困難なことを困難だと思わないくらいの強固な意志力を携えるようになるかもしれません。未来を描く資格があるのは他ならぬ自分自身だというくらいの覇気を持つことも、今後のIT社会のためにプラスとして働く考え方になると思うのです。

ある人から、「あなたは未来に希望があることを信じますか?」という質問を受けることがあるでしょう。その質問を受けた方は、「はい。私にはIT社会が生まれ変わっていく映像が見えますし、IT社会に希望を紡ぎ出す要素があるはずだと自信を持って言えます」という答えを返すかもしれません。地球が生命活動の拠点として存続している限り、未来永劫にわたって社会が発展し続けていくことは間違いないことだと思っていることが窺えてきて、自分自身が未来への系譜となるように存在意義を高めていこうとする発想が生まれてくるかもしれません。

明日への希望を信じることは、取りも直さず未来の社会で輝いている自分の姿があることを信じていることに直結していくのです。