ITに必須な資格

IT業界で働こうとしたときに自分自身のスキルを証明するものとして資格試験を受けることがあります。どのような資格試験がIT業界では役に立つのでしょうか。少しご紹介したいと思います。

IT業界のみならず普通の職場でも自分のITスキルを証明する資格試験として「パソコン検定試験」というものがあります。通称P検と呼ばれる資格でタイピング能力、パソコンに関する知識、エクセルやワードの基本的な技能を問われる試験で合格すればそれに準じた能力があると証明されます。もう一つ有力な資格試験としては「情報処理技術者試験」というものがあります。経済産業省が主催している資格試験で、ITパスポートから応用情報処理技術者など幅広いITに関する知識を証明するものがあります。もちろん国家資格ですので持っているだけでもIT業界のみならずほかの業界でも重宝がられる事間違いありません。この資格試験は非常にレベルが高いものですから一発で合格できなくても何度か挑戦して合格することをおすすめします。中には高校生で合格する人もいますが、そこまでの水準は企業は一般的に求めていません。

資格試験はなんにしてもいずれ合格することが大切です。ですからそれまでモチベーションを下げずに、自分にあった資格ということを信じて取得の勉強に励みましょう。勉強していけば確実に自分自身の資産になること間違いありません。長い道のりの難しい資格を取得できるよう願っています。
手始めに、必ず使うであろうJavaの資格の勉強を始めて見るのはどうでしょう?使わなくても基礎を身につけることができますし、おすすめですよ。

Leave a Reply